So-net無料ブログ作成

T2 PTSD Education [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

T2 Virtual PTSDEducationを訪問しました。
The T2 Virtual PTSD Experience is an immersive, interactive learning experience designed to educate visitors about combat-related post-traumatic stress disorder (PTSD). Learn about the Causes, Symptoms, and Help Available for PTSD following deployment.


ここは米軍の関係施設で米兵が不幸にも罹患してしまうPTSDへの理解と治療・社会復帰の支援を目的としています。
決して楽しいテーマではありませんので、つい敬遠してしまいがちですが、とても大切なテーマですのであえて取り上げました。

到着地点です。ウェルカムボードには施設の目的と意義が説明されています
Snapshot_002.jpg


奥の受付へと進みます。
Snapshot_003.jpg


隊員のジェーンさんが受付にいてヘルプとインフォメーョンを担当しています
Snapshot_004.jpg


アメリカ版「いのちの電話」のポスター
Snapshot_005.jpg


ここから見学ツアーが始まります。
Snapshot_006.jpg


この地域一帯をカスケードバレーと呼んでいます。これはコース案内図
Snapshot_007.jpg


突然「止まれ」の標識、なにごとかと思いますが、場内の音声案内を有効にしておくための説明がありました
Snapshot_008.jpg

ここを通過しますと、更衣所にきます。体験ツアーをより現実感のあるものにするために制服に着替えます。

Snapshot_009.jpg


ここからコースは3つに分かれます。体験での緊張度に応じた3つのレベルから選択します。もちろん全部を体験することも可能です
Snapshot_010.jpg

Snapshot_012.jpg

Snapshot_011.jpg


コースを選択して侵入するとそこにはハンビーという兵員輸送車が駐車してあるので、それに乗り込みます。
Snapshot_013.jpg


車内からの光景です。音声巣による案内は続いています
Snapshot_014.jpg


中東風の街並みをゆっくりと進みます。
Snapshot_016.jpg


右前方に子供が見えます。つづいて大人が現れ突然自爆します
Snapshot_017.jpg


爆発地点には負傷者多数Snapshot_018.jpg


解説によりますと、このような場面でのストレスはとても強くその場にいあわせた兵士全員の意識が現場に集中しています。Snapshot_019.jpg

3つのコースが済みますと次は空港に向かいます
Snapshot_020.jpg

ここまでの紹介でお分かりのとおり、体験ツァーとしてはとてもよくできています。大統領選挙の候補者のトランプ氏が、日本を含めてアジアの国々には米国の払っている犠牲に対価を支払わせる、と語って、物議をかもしています。彼の言うpayという単語は必ずしも金銭を支払うという意味だけではなく、人的貢献をも含んでいます。その陰にはこうした悲惨な体験により心に傷を負う若者の存在のあることを忘れてはなりません。もちろん戦闘のない後方支援においても、また悲惨な現場を見る災害派遣においてもPTSDはあり得ます。わが国でのこうした対策がITの有効な利用などによって今後確実なものとなることを祈ってやみません。

続きは別の記事で。


.

Science Circle meeting May 14 2016 [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

サイエンス・サークルの週末のプレゼンテーションは、Consequences of electron-transfer reactions でした。 演者はDr. Michael J. Shaw – Shawza Tunwarm カナダ出身で南イリノイ大の化学の教授です。 セカンドライフ歴はおよそ8年。
Consequences of electron-transfer reactions
Southern Illinois University Edwardsville - SIUE
Michael Shaw Professor, Inorganic Chemistry Department of Chemistry


講演のスタイルは1面のスライドとvoice
Snapshot_001 (2).jpg


これが演者のDr.Shaw ネコを数匹飼っていて何枚かに一枚かのスライドに猫のジョークを使っています
Snapshot_006 (2).jpg


聴衆が三々五々集まってきます。最初は少なかったのですが駆け込みがあって最終的にはそれなりの数になりました
Snapshot_007 (2).jpg


私はいつもの和装で出席Snapshot_008 (2).jpg

演題です。電子移動反応の連鎖とでも訳すのでしょうか。
Snapshot_009 (2).jpg
電子移動反応とは

たくさんのスライドを使って電子移動反応を基礎から講演されました。
Snapshot_010 (2).jpg

あまりにスライドが多いので印象的なものだけ
これはハーバー・ボッシュ法を説明したもの
Snapshot_012 (2).jpg

分子の3Dイメージ、両眼交差法で立体視が可能です。
Snapshot_013 (2).jpg

光によって電子の軌道が変化 光励起の説明
Snapshot_014 (2).jpg

別の分子構造の3Dイメージ。ただ彼の講義を聞く学生全員が立体視できるとは限らないなは思いましたが。
Snapshot_031 (2).jpg

このあともずっと講義が続きました。

全スライドの一覧はこちら
----->Album on Flicker


最終のスライドです。
Snapshot_049 (2).jpg

このあと質疑応答がありました、大変重要な質問もあって丁寧に回答されています。せっかくの機会なので私も一つ質問をしました。


Lecture by Cynthia Calongne [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

案内のメッセージが届いたのでイベントに行ってみました。
This Friday, May 13th, TechSoup's Nonprofit Commons in Second Life will feature Cynthia Calongne (SL: Lyr Lobo) of Colorado Technical University.Join us as we explore the benefits of games and examine a few serious game design examples to stimulate our creativity. Come prepared to share strategies for rapid game design using the skills we learned from childhood to motivate and strengthen our communities.

Snapshot_569.jpg


着いた時にはすでに半分以上終わっていて肝心のところを聞けていません。がスライドを何枚か写しておきました。
Snapshot_573.jpg
Snapshot_574.jpg
Snapshot_577.jpg
Snapshot_578.jpg
Snapshot_579.jpg
Snapshot_582.jpg


左が講演中の演者のCynthia Calongneさん(SL name Lyrさん)でとても素晴らしい声で講演されました。本職はコロラド工科大学の先生です
Snapshot_580.jpg


こちらが本日の司会・座長
Snapshot_581.jpg

Nonprofit Common(NPC)の説明ポスターです。
Snapshot_586.jpg


NPCに参加するいろいろな方法について説明していますSnapshot_584.jpg


予定表です。毎週金曜日に講演会を開催中
Snapshot_585.jpg

講演会場の全景 スライドは3面を使う豪華な作りです。
Snapshot_575.jpg

階段教室のような配置の野外劇場が会場です。voiceが聞けるようにしていかないといけません。今回は講演が終わって解散になってからも演者と座長の掛け合いがしばらく続き、とても興味深いお話が聞けました
Snapshot_576.jpg


google group::Nonprofit Commons in Second Life
Flicker ::Nonprofit Commons
facebook ::Nonprofit Commons in Second Life

The Yorkshire Dales [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

The Yorkshire Dales を訪問しました
The Yorkshire Dales are situated in the historic county of Yorkshire, UK. This beautiful rural countryside has been recreated for SL and is ideal for photos, time out and romance. Get a feel for Yorkshire heritage and enjoy the simple life

Snapshot_522.jpg
MAP

英国の田園風景の中に建つおしゃれなカフェテラス。ヨークシャーは丘陵と田園のあるイングランド北部の州で、ブロンテの「嵐が丘」の舞台でもあります
Snapshot_523.jpg


建物を上から眺めたところです。順に右から家の中に入ってみます
Snapshot_530.jpg

ここはカフェテラスの屋内部分。探しましたがヨークシャー・テリア犬はいませんでした。
Snapshot_524.jpg


壁の絵とバラのプランターーが室内装飾にメノハリをつけています
Snapshot_525.jpg


カフェ用キッチン・カウンター ところどころに配された赤色が効いています。
Snapshot_526.jpg


階段下にも可愛い工夫が
Snapshot_527.jpg


2階はパウダールームになっています
Snapshot_528.jpg


美しいバラの花があって夢のような世界です Snapshot_529.jpg


2軒目の一階にはソファーが置かれています。たこ足配線がリアル
Snapshot_533.jpg


2階にはベッドが置いてあります。動作付きです。
Snapshot_531.jpg


反対側はくつろぎのスペース ここは英国。テーブルに載っているのは、やはり紅茶でしょ
Snapshot_532.jpg


3軒目は一階だけ。ミシンが置かれています。前にイーハトーブさんちでみたものとは異なり、これには足踏みの板もベルトもついています。Snapshot_535.jpg


さてと、一休みします
Snapshot_534.jpg

Tenshin-Ranman [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home


天真爛漫さんにお邪魔しました。
2.jpg
お持てなしは期待しないでください。 誰でもらっしゃい。 気まぐれSTAFFがお待ちしてます。 営業は不定期。

MAP


マスターはどいうわけか次長の肩書です。主にボイスで応対されています。もちろんチャットも可。スライムがないと呼吸ができなくなるのだとのことでこの被り物
Snapshot_562.jpg


空に浮かぶ飛行船。かたちはふぐ
Snapshot_563.jpg



こちらはヘリポートに係留している「ずぼらや」風の看板
Snapshot_564.jpg


飛行しようとして失敗、本体に張り付いてしまいました。やもりみたい
Snapshot_565.jpg


お品書きがビンテージ
Snapshot_566.jpg


居合わせたお客のボイスの声が森山周一郎さんとそっくりという話題で盛り上がりました

Kimono dark colored [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home


着物と浴衣がたまってきました。各記事の中でもそれ見ることはできますが、一度まとめてご紹介しておきます。他の色のものもありますが、ここでは黒を中心とした濃色系を紹介

黒地に花柄 手に大きなクラッチを持っています
Snapshot_539.jpg
(ichigo-ya)*400members over GROUP GIFT_Zouri
[Otome!]Nagagi-A black flower


金色の帯と帯どめの拡大
Snapshot_538.jpg


Snapshot_536.jpg


濃紺の振袖で裾が広がっています
Snapshot_544.jpg


帯を背中から見たところです
Snapshot_546.jpg


帯はちょっと幅が太め
Snapshot_545.jpg

黒に裾模様
Snapshot_540.jpg


紋はなく、帯は金色
Snapshot_543.jpg


裾の模様Snapshot_541.jpg

黒の礼装用
Snapshot_548.jpg


裾にはおめでたい鶴の模様Snapshot_549.jpg


鶴の紋があって紋付になっています
Snapshot_547.jpg


かすりの着物
Snapshot_551.jpg


帯どめの色に特徴がありますSnapshot_550.jpg


同じ黒地でもこちにらは派手目のピンクの柄Snapshot_553.jpg

帯も現代風
Snapshot_554.jpg


これは着物ではなく浴衣の仲間です。黒地に伊藤若冲の絵が載っています
Snapshot_557.jpg


真っ赤な帯が印象的です。 Snapshot_560.jpg


うしろからみたところ、帯にさしたうちわが浴衣である証拠Snapshot_555.jpg

The Role of Elders in the Climate Change [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

サイエンス・サークルの今週のプレゼンテーションは「気候変動への対処に年長者の果たす役割」でした。
The Science Circle
What is The Role of Elders in the Climate Change Discussion? Save-The-World-1080x1920-1024x576.jpg

会場はここです。いつもの場所ではなくWhole brain healthの一角での出前講演です。
Snapshot_507.jpg

本番が始まる前に周囲のポスターに目を通しておいてほしいとのことでしたので。見て回っています。このポスターに掲載されている類型パターンがあとで重要なキーになります。
Snapshot_508.jpg

これが今日の講演のパワーポイントファイルの表示画面です。講演中は椅子に座っていて距離があるため撮影てきていません。
Snapshot_509.jpg


左が演者のLissena (Wisdomseeker) さんです。基調講演は口演とテキストチャットへの原稿書き込みで行われました。
Snapshot_511.jpg


基調講演が済むと参加者の中からボランティアをつのり、さきほどのポスターにあった累計パーターンのひとつの代表として発言し他の参加者はそれに対して意見を述べるという形式での会議になります


これは参加型のディスカッションの司会者です
Snapshot_512.jpg


立場の類型1を代弁するボランティア
Snapshot_513.jpg



立場の累計2を代弁するボランティア。各ボランティアは議論がはじまる数分前から自分が代弁する立場を端的に表すオブジェの製作を指示されています。短時間にそれを実現する参加者はとても凄いと思いました。
Snapshot_515.jpg


立場の類型5の位置です。もしも意見があれば台の上に乗って司会者の指示を待ちます。
Snapshot_516.jpg


このような参加型のディスカッションに参加するのは初めてでしたのでとても新鮮でした。ともすれば紋きり型のマンネリな会議になってしまうところをバラエティに富んだ意見を広く聞いて自分の考えを述べるというやりかたは貴重です。
Snapshot_519.jpg

周囲にはそれぞれの立て場を代弁するボランティアが即席で作ったオブジェが並んでいます。
Snapshot_521.jpg



推奨される参考ビデオ


blue lotus okiya(2) [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home


blue lotus okiyaの続きです。
blue lotus okiya(1)

Snapshot_428.jpg


ここのメインのゲストルーム、お茶屋です
Snapshot_429.jpg


座敷へ案内される前の待合室ではお点前。
Snapshot_435.jpg


舞台付きのお座敷
Snapshot_430.jpg


舞台には演奏可能な琴も置かれています
Snapshot_434.jpg


ちょっと日本舞踊のお稽古
Snapshot_431.jpg

Snapshot_432.jpg


鳳凰堂のような建物の端から外へ出ると互いに遠い地点に出ることになります。山道を歩いて移動する方法のほかに船で移動する方法もあります。
Snapshot_468.jpg


ここの船の特徴は乗船したままで視線の方向を変えられることです。Snapshot_469.jpg


雪景色の中で池に泳ぐ緋鯉の色が鮮やかです
Snapshot_471.jpg


遠くの山の風景も山水画風になっています。Snapshot_472.jpg


屋根から垂れ下がっ鎖樋(レインチェーン) とそこを伝う雨のしずくをためておく天水桶がとても素敵です。Snapshot_470.jpg

Additional day [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

「おまけの一日」さんにお邪魔しました
1 (3).jpg
MAP
テキストチャットのみです。ボイスはできません。 挨拶はがんばってます。挨拶がないときは多分離席してます。 チップはないです。なので接客はあまり期待しないでください。 今はわりと普通のお店です。


エントランスに到着したところ
Snapshot_441.jpg


設定は夜モードなので少し暗いです。
Snapshot_445.jpg


店主さんとは前にイーハトーブさんを訪問した時にお会いしていました。覚えていていただいて恐縮です
Snapshot_446.jpg


壁にかかったポスターは珍しいコレクションです。ヌイグルマーって何?
Snapshot_447.jpg


反対側の壁には地味な装飾Snapshot_449.jpg


よく見ると星座のコレクションでした。占星用なので12個あるのですね。
Snapshot_448.jpg


訪問したのはこどもの日の前でしたので手には鯉のぼりを持っています。フクロウの置物が可愛い飾りに
Snapshot_450.jpg


お店の外にはなにやら怪しげな生贄の子羊
Snapshot_443.jpg


庭には月あかりが映り込む池がありました。
Snapshot_444.jpg


ここの見ものはなんといってもこの本の表紙絵コレクション。出来合いのものでない自家製はいいですねー。有川浩さんのシアターブラバも見えています。店主の読書歴がうかがえます。
Snapshot_442.jpg

Campaign HQ for Trump [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

今日はこどもの日の祭日。
ホームクラブでは鯉のぼりの着ぐるみの無料配布がありました。
Snapshot_497.jpg

4日まで赤と青だけでしたが5日から黒の真鯉も加わりました。
Snapshot_496.jpg

さて、昨日までに米国で共和党の大統領候補となることが確実になったトランプさんの応援事務所がセカンドライフ内にオープンしています。
Snapshot_475.jpg


もともとある別の街の一角を改装したものです。
Snapshot_476.jpg


事務所に入りますと、場内のルールが書かれたボードがあり、入場制限用のガードがいます。
Snapshot_477.jpg


無事にガードが通してくれることになりました。 Snapshot_478.jpg


会場内部の全体図
Snapshot_480.jpg


スクリーンにはなにやら旗をもってセカンドライフ内でキャンペーン中の人たちが写っています
Snapshot_481.jpg


顔写真入りのペットボトル飲料の広告塔。
Snapshot_482.jpg


機関車トーマスの顔がトランプさんになっていますSnapshot_483.jpg


トーマスの列車が前を通過中の演説ステージ
Snapshot_486.jpg


演説用カテージにはトランプさんのパネルがあり、背景には演説の模様が映し出されています。
Snapshot_485.jpg


左に見えるのがキャンペーン用の赤いキャップの無料配布
Snapshot_488.jpg

こちらはトランプさんの公約集
Snapshot_487.jpg


ステージにあがるにはドーナッツに座ります
Snapshot_489.jpg


ドーナッツから立ち上がると舞台に立てます
Snapshot_490.jpg


札束に物言わす大富豪。こんな人大統領になっていいのかなと疑問
Snapshot_494.jpg


おんぼろのバスを運転しているのは民主党のサンダースさんです。
Snapshot_495.jpg


さすがは自由の国です。セカンドライフの中に選対事務所を開くなんて、とても考えられません。ヒラリーさんの事務所もできるのかな。
Snapshot_491.jpg