So-net無料ブログ作成

Lightning [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

Science Circleの28日の講演のタイトルはLightning「稲妻」でした。
Lightning:
Presented by: Paul Doherty – Patio Plasma
Saturday, May 28th 10 AM PDT
Hosts: Jes & Chantal
Explore the science of lightning. Start with what we know and what we don’t know about lightning. Learn a bit about lightning safety. Look at what scientists have discovered about new forms of lightning that spike up toward space from the top of thunderstorms. And end with lightning on other planets. Patio Plasma is a physics professor and mountain climber who has narrowly avoided close encounters with lightning.


ところが演者のマイクの調子が悪くて雑音が入ります。いあわせた聴衆や座長さんたちのアドバイスでいろいろ試行錯誤したのですが、とうとう最後まで治らず、雑音とそれにともなって途切れる音声を頼りに聴講しました。 マイクが稲妻を拾っているに違いない、というジョークの類も飛び交っていました
Snapshot_182.jpg


のっけから、よくわかっていないことも多いという前振り
Snapshot_184.jpg


この図は、雷が発生している地域の分布で、熱帯が多発地帯であることを示しています
Snapshot_185.jpg


帯電した雲から地表への落雷
Snapshot_186.jpg


逆に地表から雲への落雷
Snapshot_187.jpg



雲の中である場所から違う場所と飛ぶ雷
Snapshot_189.jpg
ラピュタの「竜の巣」そのものですね。聴衆の半分以上には通じないかもしれないと思い、チャットへの発言せず(^^)/


ここから大量のスライドが続きます。フリッカーに全部上げましたのでご覧ください
本日の講演全スライド
そのなかから興味深いスライドだけ取り上げます

雷からどれぐらい離れているのかを知る
挿絵が面白いので掲載します。
Snapshot_207.jpg


桜島の噴火に伴う雷光
Snapshot_233.jpg


成層圏での落雷
Snapshot_225.jpg


他の惑星での雷をいくつか紹介したなかのひとつ 木星表面での雷光
Snapshot_237.jpg


ここに上げた以外の各スライドの説明もわかりやすく良い講演でした。
講演の最後に、演者は地元の博物館で定期的に生徒たちにわかりやすい講義をしていることを紹介されました。地道な科学の普及活動に一同喝采。

他の参加者のブログから
Featured Event: The Science Circle presentation (“Lightning”)

講演の動画
2016/06/05 に公開


コメント(2)  トラックバック(0) 

コメント 2

シェス

稲妻に関しての講演でしたか。

熱帯のほうが多発するんですね。

ラピュタにも似たようなシーンがありましたか。

他の惑星にも稲妻が起こるものなんですね。
by シェス (2016-06-03 16:29) 

arianne

ラピュタの竜の巣を横切る時の稲妻のシーンは
かなり長くて、いろいろな形の稲妻が出ます。

他の惑星の稲妻はかなり前から観測されてい
るということです。
水でできた雲でなくても帯電すれば落雷になる
ようですね。

by arianne (2016-06-03 20:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0