So-net無料ブログ作成
検索選択

Pino onsen [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

前から気になっていた「ぴの温泉」に行ってきました。
2 (1).jpg
ぴの温泉
ぴの温泉ぴの湯とも呼ばれていますが さまざまな国の方に利用されてもう5~6年?近くなる温泉です。 静かにまったりしたい人も、デートに利用もご自由にどうぞ~ ルールとマナーを守ってご自由にご利用ください~Moderate



外にある門です。なかなか凝った作りになっています。
Snapshot_140.jpg


外国人向けでしょうか朱塗りの鳥居もあり、その手前にはお社もあります。
Snapshot_141.jpg


これが温泉本館の外観です。 芝居小屋のように堂々としています。
Snapshot_139.jpg


エントランスは湯の町情緒が漂う小径になっています。
Snapshot_138.jpg


玄関口に腰をかけて暖簾を見ています。
Snapshot_142.jpg


中に入って振り返っても裏文字にはなっていません。
Snapshot_143.jpg


番台には招きねこが鎮座しています。
Snapshot_144.jpg


本来は湯あがりに楽しむ場所なのでしょうか。とりあえず撮影。
Snapshot_145.jpg


七輪がリアルなオープン座敷になっています。
Snapshot_146.jpg


左の端に写っている赤い丸いものはおみくじ販売機ですね。100円を入れると小さな筒状のおみくじが出てくるのですが、生まれ月の数だけある選択投入口はすぐ中でつながっていて分ける意味があるのかなと思ったものでした。
Snapshot_150.jpg


更衣室では2種類のタオルが無料配布されています。そのうちのひとつを着て温泉に。 ところがここで厄介なことになりました。 つきまといです。
Snapshot_152.jpg


仕方がないのでお湯から上がってお琴のところに避難
Snapshot_156.jpg


それでもつきまとうので着物に着替えて無視作戦Snapshot_157.jpg


なかなか素敵な温泉なのに、いやらしい人が出没するのは困ります。ただ、この写真の左の樹の後ろのカップルは怪しげな動作をしているので、ここに来るには下心ありとみられてしまうのでしょう。 人気のない時を狙って再撮影かな
Snapshot_161.jpg
お湯につからず本を読んでいた青年がIMで「困ってませんか。大丈夫ですか」と声を掛けてくれたのが救いでした。ありがとう。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。