So-net無料ブログ作成

T2 PTSD Education (2) [2nd life]

1号館 2011-01-23 2013-01-09
2号館 2013-01-09 2014-06-01
3号館 2014-06-01 2015-09-15
-->ps-home 後継候補一覧 ときどき更新していますので前にご覧になった方もあらためて御覧くださいvirtual worlds after ps-home

T2 PTSD Educationの記事の続きです
--->T2 PTSD Education(1)

前回は道路に出たところで終わりました。今回はここから矢印に沿って空港に向かいます。
Snapshot_020.jpg


空港ではロビーに入る前に戦闘服を着替えます
Snapshot_021.jpg


これは非戦闘時用の迷彩服です。UCP はuniversal camouflage pattern の略です。
Snapshot_022.jpg
universal camouflage pattern


空港ロビーに設置されたチェックイン・カウンターで搭乗手続きをしますと待ち時間が表示されます
Snapshot_023.jpg


出発時間になるとドアが開いて搭乗開始
Snapshot_024.jpg


飛行中にも突然何かが起こるのではないかとハラハラします。体験ツァー後のPTSDでしょうか。
Snapshot_027.jpg


無事に帰郷しました。出迎えの「おかえりなさい、お疲れ様でした」ののぼりを見て、思わずじわっと来ました。
Snapshot_029.jpg


「孫よ、お前のことを誇りに思っとるぞ」という年老いた祖父の掲げるプラカードを見てところかまわず泣いてしまいます。
Snapshot_030.jpg


さて、問題はここからです。

故郷のショッピングモールに出かけたときにPTSDの症状が出るのを再現するシミュレータになります。 Snapshot_032.jpg

Snapshot_031.jpg
Snapshot_033.jpg


モールの中には随所に白い半透明のマーカーがあり、それをタッチすると、場面に応じたPTSDの症状とクイズ形式の質問が出ます。回答に応じて解説文が表示されます。正解するとHUDのインジケーターが上がります。
Snapshot_034.jpg


中にはフラッシュバックを再現したものもあり、VRならではの体験ができます。
Snapshot_035.jpg


クイズが出題される場所の案内です。
Snapshot_038.jpg


戦場での強烈な体験がPTSDをもたらし、平和であるはずの故郷のショッピンクモールでさえ、さまざまな症状が出る可能性があることと、その理由を詳しく解説する貴重な施設になっています。
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0